組み込み Linux - 組み込みLinux活用講座

 

PRODUCTS&SERVICES
Products
Services
組み込みLinux活用講座
組み込みLinuxのアプリケーション開発では、CPUやメモリをはじめとするシステムリソースの制約への対応がたいへん重要なポイントとなります。そしてLinux はマルチユーザ、マルチプログラムで動作するため、他のアプリケーションプログラムの動作状況やシステム状況を知ることは、アプリケーション開発やデバッグなどの様々なシーンで役立つでしょう。
幸いLinuxには、システムリソースの現況を知ることができる手段が数多く提供されており、本講座では、アプリケーション開発やデバッグに携わっている、あるいはこれから取り組む開発者がLinuxシステムについて理解しておくと有用となる、このような仕組みやツールを講義と実習をとおして修得いただけます。
各事項の解説に先立ち、カーネル側からのLinuxの装備のしくみについて説明を付加していることも本講座の特色であり、Linuxシステム全般を俯瞰的に理解されたい方々にも受講いただけるカリキュラムとなっています(2日間コース)。

内容
1日目
組み込みLinux開発の基本、CPUリソースの活用手法、POSIXスレッドプログラミングの解説と実習
組み込みLinuxの概要、クロス開発環境の整備について説明し、組み込みLinux開発の全体的なイメージを理解します。
続いてLinuxカーネルのマルチプロセッシングのしくみを説明した上でCPUリソースの調査と設定の手法、POSIXスレッドプログラミングの説明と実習を行ないます。
2日目
メモリリソースの活用手法、ドライバリソースの調査と設定方法、python の解説と実習
Linuxのメモリ管理のしくみを説明した上で、メモリリソースの調査と設定の手法を説明します。またデバイスドライバのしくみを説明した上で、sysfsによるドライバリソースの調査と設定の手法を説明します。
またpythonの説明と実習を行ないます。

実習環境
以下の機器を使用します。
ターゲットボード
  • Beagle Board (OMAP3530DCBB72 720MHz)
開発ホストPC
  • Ubuntu 12.04

対象
  • Linuxに関する基本的知識をお持ちの方
  • C言語による開発経験のあるソフトウェア開発者

日程
2日間となります。
1日目
[講義]
組み込みLinuxの概要とクロス開発環境の整備について解説します。
続いて、Linuxカーネルのマルチプロセッシングのしくみ、CPUリソースの調査と設定の手法、およびPOSIXスレッドプログラミングを解説します。
  • 組み込みLinux開発の概要
  • 組み込みLinux開発環境の整備
  • Linuxプロセス管理とCPUリソース(スケジューリングアルゴリズム、CPUリソースの調査と設定の手法(top、powertop、/proc/cpuinfo、niceコマンド、sched_setscheduler()関数の利用))
  • LinuxのPOSIX スレッドプログラミング
 
[実習]
クロス開発環境の構築と、POSIXスレッドプログラミングの実習をします。
  • 組み込みLinux開発システムの構成確認
  • カーネルのコンフィグレーション
  • ターゲットボードとの通信
  • カーネルの構築とインストール
  • POSIXスレッドプログラミング
 
2日目
[講義]
Linuxのメモリ管理のしくみ、メモリリソースの調査と設定の手法、デバイスドライバのしくみ、sysfsによるドライバリソースの調査と設定の手法、およびpythonを解説します。
  • Linuxメモリ管理とリソース(/procの概要、/proc/[pid]/status、/proc/[pid]/stat、/proc/[pid]/statm)
  • デバイスドライバとリソース(デバイスドライバの特徴としくみ、Linuxカーネルとの関連、sysfsの概要、ディレクトリ構造、sysfsの動作例)
  • pythonとその活用について
  • Linux装備活用の実際
 
[実習]
クロス開発環境でmmap、sysfs、pythonの実習をします。
  • maps、smapsの使い方
  • LEDの有効化と sysfsアクセス(sysfsからのLED制御)
  • python 実習(対話モード、Linuxシステム情報の取得、Linuxプロセス数の表示、イベントの表示)
 

 

 
LinuxLink

Linuxを開発し製品に組み込むために必要となるソフトウェア、各種ツールそしてドキュメントが用意されており、組み込みLinux開発を始めたばかりの開発者からエキスパートまで、幅広く利用いただけます。


Warp!!Warp!!

瞬時に起動 驚きの速さ その感覚はまさに“ワープ(Warp)”斬新な高速起動ソリューション Warp!!の速さを体感ください。サポートアーキテクチャも拡充。


LL-rescueLL-rescue

(Lineo Linux-rescue:エルエルレスキュー)Linux搭載の製品開発において発生する様々な課題/問題を解消するためのソリューションです。


VzetVzet
Linuxシステムは、複数のプロセスで構成される多くのアプリケーションが動作しており、“Vzet”は、このプロセス(スレッド)の『振る舞い』を『ビジュアルに表示』することを可能にします。


Timesys    Mimer   MITSUBISHI   Belcarra

ARM        Freescale        Renesas       jla         Linux Fundation


Copyright © 2009 Lineo Solutions, Inc. All rights reserved.